「花とオオカミの日々」

今日は去年の最後の新柄「花とオオカミの日々」を
改めてご紹介します。
去年最後の新柄なので、去年のうちに紹介するべきだったのですが…

  

  

この柄は、去年9月の西荻FALLさんでの5回目の個展、
みはにのいろいろvol.5~オオカミもいろいろ~のための新柄として
作った、オオカミメインの柄です。

オオカミが好き!と言いつつ、なかなかオオカミだけの柄は
考えた事がなかったので、この時は、シンプルにオオカミだけに
集中してみました。
いつもは、ついつい、オオカミたちと他の動物たちが
共存しているところをやってしまうんですよね。

1枚目の写真が、その時の西荻FALLさんでの個展のDMになります。
この時は、DMのために水彩でオオカミの絵を描いたのですが、
この絵を元にして、この「花とオオカミの日々」の
テキスタイルデザインを作りました。

この水彩を描く時も、布になった時のイメージもしつつ描きました。
が、「絵」なので、「絵」としての表現をしているつもりです。
例えば、ひとつの面積をベタで塗ってしまうのではなく、
陰影をつけるほどではないけど、色んな色で塗る。とか。
グレーのオオカミの毛並みを、グレー1色だけで
塗ってしまうのではなく、ちょっと青っぽくしたり、黄っぽくしたり。
そうすると色に深みも出ると思うし、そういう事ができるところが
シルクスクリーンとひとつ違うところだと思います。

そして、「絵」として描いたところから
シルクスクリーン用のデザインになるように
色を整理したり、布を染めるためにはリピートさせる必要が
あるのでリピートさせたりなどの作業をして変化させていきました。

デザイン全体のイメージとしては、一面に咲いた花の中で
走ったり、くつろいだりしているオオカミたちの日常。
みたいなイメージです。

オオカミというと、なんとなくダークなイメージが一般的なような
気がしたのですが、私の中のオオカミのイメージを表現できたらと
思って考えました。
オオカミの写真集を見ると、小さな花がたくさん咲いているところで
群ですごしているような写真がいっぱいあって、
それが、なんかいいなと気に入ったので、
そういうところからイメージしました。
いつものアオドウガネも、ちゃんと登場させました。

そして、染めてみるとこんなかんじです。
↓写真は、端まで写っていませんが、サイズ約90×90の
スクエアクロスです。
  

次の写真はサイズ約45×45のランチクロス。
「絵」のように色を使えないかわりに色んな色違いを作りました。
もちろん、スクエアクロスにも色違いはあります。
  

  

↓ランチクロス、1枚で見るとこんなかんじ。
  

↓次はハンカチです。
  

  

  

ハンカチはランチクロスと、ぱっと見変わりませんが、
ランチクロスより薄手の布に染めています。
ランチクロスとスクエアクロスは細布(さいふ)という
シーチングのような布ですが、こちらはローンです。
↓ちょっと透けるかんじがわかるでしょうか?
  
このハンカチは、去年10月に初めて参加させていただいた
東林間ナツメヒロさんでの企画展「オオカミ展」の時に
初めて挑戦してみたアイテムです。
挑戦というのは、これだけ薄い布だと、
染めるのも縫製するのも気をつかうからです。
なので、定番アイテムにはならないと思いますが、
しばらくは、よろしくお願いします。

最後は、てぬぐい。
てぬぐいで、こういう雰囲気の柄は珍しいかな?
(画面になってるデザインなどと比べると)と思いますが、
こういう、てぬぐいもいいと思います。
ハンカチ代わりに畳んで使っても、柄の出方に不公平がなくて。
  


この柄は、まだまだ新しいので、なかなか染めたまらず、
色んなアイテムの形にまでなっていないのですが、
今後の展示で見かけたら、手に取っていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。



★デザインの著作権は、みはに工房 岸本かやに帰属しています。
商用目的での素材として布を使用することや、転売に当たるような事は禁止されています。






スポンサーサイト
  1. :テキスタイルデザイン
  2. :このページのトップへ

「なかま」

今年の9月の新柄、「なかま」を改めてご紹介。

  なかまてぬぐい


この柄は、経堂のウレシカさんで、
今年9/19~10/7まで開催された「ペットショップにいくまえに~版画展~みんなのいえ」のために
考えたデザインです。
この展示は、動物が大きなテーマだったので、
地球上の全ての生き物たちのことを考えて、
こんなデザインで、この「なかま」というタイトルをつけました。

ウレシカさんでの、この展示の時は、上の写真に写っている
てぬぐいの形でだけで出していたのですが、
このデザインは実は、広幅の布にも対応できる版にしてあります。

  なかま①

  なかま②

しかも、このように2色でも染められるデザインになっています。
てぬぐいでは1色で、動物たちが白ぬきで見える仕上がりでしたが、
その白ぬきの動物たちに色が入るバージョンも染められて、
それぞれの雰囲気を楽しめます。

地球上の全ての生き物の事を思いながら考えたデザインだったので、
なるべく色んな種類の生き物たちを登場させました。
今までも、ときどき登場している、オオカミや、シーラカンス、ヘビなどに加えて
今回は、今まで、登場させたくてもなかなか登場させられなかった生き物たちも登場させました。
まずは、マッコウクジラ。
  まっこうくじら
クジラは大きすぎるから、その大きさと迫力を限られた面積の布の中で表現するのは
なかなか難しくて、今まで、まだ挑戦したことなかったのですが
今回ちょっとやってみました。
クジラの中でも、私は特に、マッコウクジラが好きです。
この大きい頭の中の油を使って、深海にまで潜るところとか、
潜った先で、あのダイオウイカと戦って食べちゃうところとか。
ちなみに、このマッコウクジラの大きな頭の、うにょうにょした線は、
ダイオウイカと戦った痕跡のつもりで描きました(笑)
マッコウクジラは、人間が見る事のできない世界で暮らしてくんだな・・・と思ってしまいます。

それから、コウモリ。
  こうもり
コウモリも、この不気味なかんじがなぜか小さい頃から好き。
不気味だけど、フルーツを食べるような○○オオコウモリみたいな種類のやつは
顔の周りの毛がふわふわで案外かわいい顔してて、それも好き。
これは、そっちのタイプかな?

そして、サイガ。
 さいが
これは、モンゴルなどアジアのステップ地帯に生息するウシの仲間。
ぶよぶよしたかんじの変わった大きな鼻を持っていて、
この鼻を使って、吸い込んだ空気を温めるそうです。
絶滅が心配されるほど数が減っていたそうですが、
最近、個体数が回復したというニュースを見ました。
また、絶滅しそうにならないでほしいと思います。

次は、特に変わった動物でもなく普通にトラ。
はにぷんさんみたいなトラ・・・
  とら
トラも、なかなか登場させにくい動物です。
が、私は好きです。
大きいネコは、かっこいいし、かわいいし。
大きいのに、飼われてるネコみたいなポーズもとるし、
迫力ある表情も見せてくれるので。

最後は、ヒョウ。
こむぎのような、ヒョウ・・・
  ひょう
トラを見ていると、うちのネコ はにぷんさん を思い出します。
はにぷんさんはトラネコなので。
はにぷんさんと、もう1匹の こむぎ もトラネコですが、
こむぎを見てるとヒョウを思いだします。




こんな色んな仲間たちがぎゅっと集合している布をスクエアクロスにしてみました。
  なかま スククロ










  1. :テキスタイルデザイン
  2. :このページのトップへ

「牧場」

今年の新柄「牧場」を改めてご紹介。
  P1012134.jpg

以前の「ハルノアシモト」に動物たちをプラスしてデザインした柄です。
プラスした動物たちも、牧場の仲間たちを中心にしました。
なので、同じ動物たちが出てくる柄でも、「森の中」のようなワイルド感だはなく、
もっと、やさしくかわいい雰囲気にしあがっています。

「ハルノアシモト」と同じように、柄に上下を作らず、
まんべんなく、バランスよく登場人物たちを登場させ、
上下左右、どこから見ても楽しめるような作りになっているのも特徴です。

このデザインを、今回の「みはに工房展-どんどんしげる草でいっぱい-」では
初めての試みとしてSomefuPanelという名前でパネルにしてみました。
  パネル3

 パネルひつじ

こういうデザインの布は、布全体で見ている時は、
みんな平等に登場しているように感じますが、
こうやって、画面に切り取ってみるだけで、新しい主人公が現れてきます。
それもまた、面白いです。


この「牧場」は、SomefuPanel以外には、ふろしきにもしてます。
  P1012360.jpg
ふろしきのサイズは約90×90です。
この1/4のサイズのランチクロスもあります。

ふろしきは、こうやって壁や窓にインテリアとしえ飾っていただいても楽しめますし、
普通にふろしきとして使っていただいても、ふろしきバッグにしていただいても・・・
ランチクロスのほうは、お弁当を包むのにちょうどいいサイズになっているので、
これで、たのしいお弁当タイムを
私も、これで毎日、お弁当包んで工房に通っています。









  
  1. :テキスタイルデザイン
  2. :このページのトップへ

  P5101045.jpg

  P5101052.jpg

今日は、こないだ少しお話した、国展に入選した作品を紹介します。
この作品のタイトルは「森」です。

残念ながら、
国展の会場で展示されていたところの写真を撮り損ねたので
工房近くのいつもの草原で撮影した写真で紹介します。

  P5101050.jpg
近くによると、こんなかんじです。
前に、このブログで、この作品の原画に色を塗っているところと
オペーク作業をやっているところを紹介したことがありましたが、
そういう段階を経て、最終的には、こんな仕上がりになりました。
いつものように、3色使って、それらの色の重なりも使って
全部で7色登場しています。
木が並んで生えていて、草や花も生えていて、
鳥がとまっているっていう様子で森を表現してみました。
絵みたいなんだけど、リピートでつながっているっていう面白さを
楽しんで染めています。

今後、このデザインの色違いも染めていく予定です。
次回の展示の時には、この布の布としてだけじゃない姿も
お見せできたらと思っています。




写真撮影のついでに、草と小さい花の写真も撮ってみました。
   P5101071.jpg
 
  P5101074.jpg





  
  
  1. :テキスタイルデザイン
  2. :このページのトップへ

ぬいぐるみクッション2

このあいだ紹介した「ぬいぐるみクッション」の他の仲間を紹介します。

   IMGP2607.jpg   IMGP2608.jpg

今回はライオンとキリンです。
ライオンにも後ろ姿があります。


「ぬいぐるみクッション」
  シルクスクリーン 3版染
  レマゾール染料
  綿100% ポリエステルわた
  サイズ「ライオン」約40×22
     「キリン」約40×18
  それぞれ¥5000
  1. :テキスタイルデザイン
  2. :このページのトップへ