スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

型染ワークショップ

昨日は、黄色い鳥器店さんで、
初めての型染ワークショップを行いました。

今回は、天然顔料と渋紙を使って
和紙に刷り込みをして蔵書票を作るという内容です。
この染め方は、孔版と言って
型紙に穴をあけ、そこに色が入り穴の形に模様が染まるという点で
シルクスクリーンと同じ原理です。

蔵書票(EXLIBRIS)とは、本の後ろに自分の名前を書いて貼って
この本は誰のものかを記すものです。
今回は、そのデザインをいくつか用意したので、
そこから、自分の好きなデザインをひとつ選んでもらいました。
そして、自分の名前の部分だけは自分でデザインしていただき
選んだデザインにプラスして自分だけの蔵書票を作っていただきました。

  渋紙にうつしてるところ

今回、用意したデザインは、全て2色使うデザインです。
まずは、選んだデザインを2色に色分けしていきます。
そしてそれを型紙になる渋紙に1色ずつうつして1色目の型紙
2色目の型紙というかんじで2枚作ります。

  彫ってるところ
そしてデザインカッターで彫っていきます。
型紙1枚ずつで見るとなんの形かわからないような形を彫っていきます。

  P9221343.jpg
そして、まずは1色目を刷り込んでいきます。

  P9221346.jpg
1色目が乾いたら2色目を刷り込みます。
2色目を刷り込み初めてデザインができあがる瞬間、
みなさん、すごく感動されていました。
1人20枚ずつ、刷り込んでいただきましたが、
20枚やるうちには、みなさんそれぞれコツをみつけられたようで
よかったです。
数多く手を動かすことで身につけるという事や
同じ型でも、人の手でやることで生じる加減の違いで
1枚ずつ表情が変わる面白さも実感していただけたようで
嬉しいです。


  P9221347.jpg
今回、蔵書票という形でご案内しましたが、
蔵書票という意味のEXLIBRISというところを
オリジナルの言葉に変えて作った方もいらっしゃいました。

  P9221350_20120923171341.jpg

  P9221351_20120923171340.jpg
黄色い鳥高橋さん作。
こんなかんじで、ちょっとしたカードのような
使い方もできます。

今回、体験していただき
普段、みはにがやっている1枚1枚染めるという仕事の内容が
少しわかっていただけたかもと思って嬉しいです。

また次の機会があったらよろしくお願いします。






スポンサーサイト
  1. :展覧会の記録
  2. :このページのトップへ

始まりました、諸国民芸 黄色い鳥器店


  P9151240.jpg

昨日から、諸国民芸 黄色い鳥器店 始まってます。
壁には、DM用にと依頼されて、みはに工房が染めた染紙が
立派に額装されて飾ってありました。
周りに、凧や色んなすてきなものも一緒に飾られていて
とても、賑やかです。
ちなみに蝉の凧は、DMにも登場しています。

  P9151242.jpg
この額装されているのは、
DMになっているのとは微妙に色違いの別バージョンです。

  P9151238.jpg
みはにコーナー
型染め布ぶんちんやEXLIBRISや、染紙。
染紙は、額装したものと、してないものとあります。
してないものも、ご希望のお客様には
額装いたします。
  P9151239.jpg

そして3階では、
LET'EM INさんの、古い民芸品の展示も
今日明日(9/15・16)限定でやっています。
P9151243.jpg

P9151244.jpg
迫力の虎。

P9151247.jpg
迫力の虎は、でかすぎるので
真ん中の、ちょっと色も薄くなってしまった子をいただきました。

  P9151249.jpg
そして、もうひとつ。
真ん中の、このとぼけた顔の、はりこの犬もいただきました。
犬の仲間になっていたけど、
私には、うちの猫のこむぎの、とぼけた顔に見えてしまうのです。

他にも、色々たくさん古いものが並んでいて
見ているだけで、なんだかわくわくしてしまいました。
動物だからかな・・・?
と、なんていうか、狙った感ではなく自然と決まってきた
無理のないデザインと、誰かわからない人の手で作られたあとの残る
アノニマスなかんじに惹かれるのかなぁ・・・








  1. :展覧会の記録
  2. :このページのトップへ

諸国民芸 黄色い鳥器店


  P9121237.jpg

14日から始まる「諸国民芸 黄色い鳥器店」に、
みはに工房からも、型染めのものを少しですが出品します。

型染め布ぶんちん、
型染めの小さい手提げ、
型染めの蔵書票と、
半プロダクトの、注染てぬぐい など。
  P9121235.jpg

このDMの型染めも、
黄色い鳥器店オーナーの高橋千恵さんのスケッチをもとに
みはにが和紙に染めました。
  P7090945.jpg
スケッチをもとに原画をおこし
型を彫り、糊置きし・・・

  P7100948.jpg
色の組み合わせ違いで何パターンか色差し・・・

  P7120955.jpg
水元をし、糊を落とします。
全部で4パターンの色違いを作りました。
地の色が、墨ではなく、こんな茶色(紅柄)もありました。


期間中、22日(土)は、3階で、蔵書票(EXLIBRIS)を
染めるワークショップを行います。
ただ今、お申し込み受付中

渋紙を、くりぬいて(彫って)、柄を顔料で染めます。
型染めの基本を、ぜひ体験しにいらしてください。




  1. :お知らせ
  2. :このページのトップへ

ワークショップのお知らせ

いつもお世話になっている
国立の黄色い鳥器店さんで、今月14日~
「諸国民芸 黄色い鳥器店」が始まります。
(DMの型染を、みはに工房がお手伝いさせていただきました。)

期間中の22日(土)に黄色い鳥器店さんの3階で
型染ワークショップを行います。
詳しくは黄色い鳥器店さんまで。

  P8261184.jpg
和紙に型染(刷り込み)で、蔵書票を作ります。
本格的に、大豆から豆汁を絞り、
それで顔料をといて色をつけていきます。

興味のある方、ぜひご参加下さい



  1. :お知らせ
  2. :このページのトップへ

最近の制作

そして、最近の制作はというと・・・

  P9041212.jpg
新柄以外にも、定番の柄も、いつものように染めています。
これは、いつもの「虫」を、新しく作った、新色 緑で染めてみました。
今まで、こんなに緑々した緑は作ったことなかったので
作ってみました。
いつもは、青と黄色が重なってできた緑が
青や黄色と一緒に登場することが多いのですが、
緑だけでって考えると、
なかなか登場して来なかった色かもしれません。

  P9051215.jpg
これは「森の中」。

  P9071225.jpg
新柄も合わせて、どんどん染め上がっています。



  1. :制作風景
  2. :このページのトップへ

新しいデザイン

秋の展示に向けて、新しいデザインを考えました。
秋を意識して、一応。

  P9071223.jpg
新しいデザインの原画とオペークフィルム。
秋のくだものと、マテバシイというどんぐり。

  P9031204.jpg
この、新しいデザインを製版するために
今まで使っていた版の中から、
これはそろそろ終わりにしようかな・・・っていう版を
選び出し、破ります。
なるべく、破っちゃっても惜しくないのを。
版の出来にまずいところがある。とか、
個人的に、もう飽きちゃったなぁ 笑・・・とかで
選びます。

  P9041214.jpg
そして、新たに紗張りし・・・

   P9071220.jpg
感光したところの写真はありませんが、
今回は雨の中、感光し、
染めてみました。






  1. :制作風景
  2. :このページのトップへ

てぬぐいとノート

目白 西池袋のブックギャラリーポポタムさんは、
前から、行ってみたい 行ってみたいと思っていたお店でした。
そこに、みはにの てぬぐいと、みはにノートを
置いていただいています。

  P9021198.jpg
みはにの、てぬぐいの他に play on wordsさんの
注染てぬぐいも、いろいろ揃っていました。
きれいです。

みはにからは、注染てぬぐいも、シルクスクリーン手捺染てぬぐいも
両方あります。
それぞれの技法の良さを生かしたデザインをしていますので、
ぜひ、お手に取ってみて下さい。

   
置くのギャラリーでは、ハンガリアンvol.1 フルコースと題した
版画の展示をやっています。(明日8日 17時まで)

  P9021197.jpg
その展示に合わせて、紙版画のワークショップが行われたそうで、
その時使われた、小さなプレス機が一緒に写っています。(↑上の写真)
私も参加したかったのですが、秋の展示の準備で忙しく断念しました・・・

  P9021199.jpg
店内は、天井まで本がぎっしり。
古本と新刊、どちらも平等にあって目移りしてしまいます。

他では見られないリトルプレスや、作家さんのアートな作品が
そこらじゅうに満ちているかんじです。
ギャラリーの展示や、色んなイベントも興味深いものばかりです。
そんなお店に、みはにのてぬぐいと、ノートが並んでいてうれしいです。
みなさん、ぜひ足を運んでみてください。



  1. :お知らせ
  2. :このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。