スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

「花とオオカミの日々」ができるまで

現在、東林間のナツメヒロさんで開催中の「オオカミ展」に出品
しているものに多く登場している新柄「花とオオカミの日々」の
デザインから布に染めるまでをご紹介します。  
  
みはに工房は、私、岸本かやが、布の柄のデザインから、実際に
シルクスクリーン手捺染という技法で染めるまでの全ての工程を
行っています。

そんなわけで、この「花とオオカミの日々」も、
まずは鉛筆で実寸大に描いていきます。
  

  

そして、デザイナースカラーで仕上がり予定の色を作り、
塗っていきます。
まずは、水色と黄色を重ねて出す黄緑から。
  

水色と黄色も、それぞれ塗っていきます。
水色はオオカミの毛並みも兼ねるので少しグレーっぽくしています。
黄色もオオカミの毛並みにもなるので、まっ黄っ黄にはしないで、
少し黄土っぽい黄色にしています。
そして、その2色が重なると、こんな黄緑になる予定。という原画になります。
  


そして、原画ができたら、次は、原画に透明フィルムを重ねて、
光を遮光する特別な絵具オペークで水色と黄色を、
それぞれひろっていきます。
最初に水色をひろって、水色のフィルムを作ります。
つまり、黄色以外のところを、このオペークで塗っていきます。
  

黄色以外のところを、全部塗り終わるとこんなかんじ。
これで、水色フィルムの完成。
  

  

次は、同じようにして黄色のフィルムを作ります。
今度は水色以外のところを、全部塗っていきます。
  

水色以外のところを、全部塗り終わったら水色フィルムの完成です。
  

黄色フィルムと水色フィルムを原画の上で重ねてみると
こんなかんじです。
ちょっとした隙間があって、下の絵具が覗いてしまっていないか?
などを確認します。
  

  

できあがった2枚のオペークフィルムを使って、感光して版を作ります。
感光しているところの写真はありませんが、約100cm×120cmの
アルミ枠にテトロン紗を張って、そこに感光液を塗り乾燥させて、
初めて感光できる状態になります。
乾いた感光液が塗ってある面にオペークフィルムを置いて、
紫外線に当てて感光させます。
オペークは遮光するので、オペークがあったところの
感光液は感光しません。
感光せずに水で流れるので、紗の目が表れ、
色糊を通すことになります。
オペークのなかったところは紫外線により感光して紗に
定着してしまうので、紗の目がつぶれ色糊が通らなくなります。

↓下の写真は、そうやって感光してできた版を布に置いて
これから染めるところ。
この柄の場合は送りが小さいので1版の中に2版分を感光しています。
  

  

染め進めると、こんなかんじ。
  

布の最後まで行ったら、扇風機で乾かします。
  

乾いたら2色目の黄色を染めていきます。  
  

↓黄色の版を合わせたところ。  
  

  

また最後まで行ったら、扇風機で乾かします。
  

↓近くで見るとこんな。
  

乾燥後、蒸し処理(色を定着させるため)→ソーピング→水洗い
→フィックス(色止め)→水洗い→乾燥→完成!
というかんじです。
そこから、裁断しスクエアクロスにしたり、
てぬぐい地の場合はてぬぐいサイズにしたりしていきます。



スポンサーサイト
  1. :制作風景
  2. :このページのトップへ

岸本かや 染色作品展 -will to live-

9月の西荻FALLでの展示も終わり、今月8日~は、
今年最後の個展が始まります。

  

  
FALLでの展示は、本当にたくさんの方に来ていただき、
色んな方と色んなお話ができて、とても楽しい充実した5日間でした。
この展示のために考えた新柄の「花とオオカミの日々」も
みなさんに気に入っていただけたようで、よかったです。
今までの柄の中に出てきていたオオカミも含めて、
(展示のタイトル通り)色んなオオカミを見つけていただけたかな?
と思います。

  
そして、8日~始まる今年最後の個展は、
今までの、みはに工房としての展示販売とは違い、
私 岸本かや としての初めての染色作品展という形で行うことになりました。

いつもの みはに工房展では、なかなかできない
染色作品を染色作品として、天井から吊して見ていただくという形の
展示を、ずーっと、いつかやりたいと思っていたので、
念願叶ってというかんじです。
私にとって、展示 とは、本来そういうものだったのです。
いつものかんじとの違いが、みなさんに、どう伝わるか心配なところも
たくさんあるのですが、広い心で受け止めていただけると嬉しいです。

みはにの、色んなものになっている柄の全体像を
見ていただける機会です。
こういう染色作品があって、そこから、いつもの
ストールや、インテリアクロス、スクエアクロス、巻きスカート、
ワンピース、ワイドパンツ、みはに工房+倉敷意匠のミハニ書林の
紙ものなど、色々なものになっているんだな。
という事が伝われば、とても嬉しいです。
私は、何かにするために(スカートにするためにとか)、それ用の柄を
考えているわけではなく、まずは1枚の作品として、
いつも考えています。
なので、同じ柄でも、何かの形になったところを見るのとは
また違う印象があると思います。

今回は作品展なので、非売のものもありますが、基本的には
展示作品は販売いたします。
それから、今回、今までの主な作品をずらっと並べるにあたり
それを1冊にまとめよう。という事になり小さな作品集も作りました。
この作品集は、以前、みはに工房を取材してくださったオチャノマート
白井瑞器さんにデザインをお願いして、
作品撮影もカメラマン鈴木泰之さんに撮影していただきました。
みはにとして活動し始めた最初の頃からお世話になっている
西荻FALLのオーナー三品輝起さんには、文章を寄せていただきました。
三品さんの鋭い分析力により、私のシルクスクリーン手捺染について
客観的に書いてくださいました。
自分では、なかなか、わからない事も言ってくださっているので
ぜひ、みなさんに読んでいただきたい、すばらしい文章です。
プロの方々の、お力をお借りして作った1冊です。
作品集は、もちろん販売いたします。
なお、いつもの、みはにの商品の販売はストールのみとさせていただきます。

今回、この作品展は、大学時代お世話になったシルクスクリーンの
先生が退職後に始められたギャラリーをお借りして行います。
みはに工房を知ってくださっているみなさん、
ミハニ書林からみはに工房を知ってくださったみなさん、
色んな方がいらっしゃると思いますが、いつもとは違う展示で
新たな発見をしてもらえるような展示になるといいなと思います。
どうぞ、よろしくお願いします!


岸本かや 染色作品展 -will to live-
2015/10/8(木)~10/25(日)
12:00~19:00(木金土日のみ開廊)
〒183-0021 府中市片町2-22-27
gallery space亞


ちなみに、分倍河原駅の反対側には、パンと器 yukkayaさんがありますよ。
おいしいパンを食べに行くついでに、ぜひ、いらしてください。











  1. :お知らせ
  2. :このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。