鬼子母神 手創り市

休業復帰すぐの仕事は、昨日、
雑司が谷の鬼子母神での手創り市でした。

手創り市へは先月初めて、お客として行ってみたのですが、
色んなジャンル、タイプの作家さんが参加していて
とても楽しい雰囲気だったので
みはにも参加することに決めました

久しぶりに、たくさんのお客さんの前に
売りに行ったので少し緊張しましたが、
他の作家さんたちの作品を見たり、
お客さんの声を聞いたりと、
楽しい時間がすごせました
鬼子母神の境内の中という環境も、緑がいっぱいで
いい雰囲気でした。
  P5200778.jpg
虫好きの私としては、もう少し暑くなったら
色んな虫が見られそう・・・と、わくわく




そんな環境にぴったりに作って行ったのが、
今回の什器。
  P5060740.jpg
折りたたみ可能にした板にペンキで
ハルシオンとコオニタビラコと、ヒメムカシヨモギを
描きました。
植物の上のほうは空にして、その続きで机の裏も空にして
虫や鳥を飛ばしてみました。

  P5060739.jpg
上から見ると、机の上は、あえて何もありません。

  P4300687.jpg

  P4300691.jpg
こんなかんじで、2日がかりで描きました(笑)
楽しかった~


  P5200777.jpg
什器の空をバックに紅型の鳥のストラップが飛んでます。

  P5200773.jpg
今回は、小さいものを中心に持って行きました。
こんなに小さいものを、たくさん持って行くのも久しぶり。

これの前の仕事は、国展だったので
ここしばらくは、布として完成させるまでの仕事が中心でした。
久しぶりに、布として完成しているものから作った
小物にかこまれて、こういう細々した世界もかわいいなと
思いました。

国展のための仕事と、こういう小さなものを制作する仕事とでは、
少し種類が違うと思われるかも知れませんが、
私にとっては、人の手から生み出されるものとして
同じものだと思っています。

私の仕事の軸は、どちらかというと
国展に出品したような布を染めることです。
が、そういう布から、こういう手創り市のような場面で
売るための、小物や使えるものも同時に楽しく制作しています。
そこに、制作している私には
なんの隔たりもなく、同じ調子で、同じ気持ちで、同じ私の世界の中で
楽しいな、面白いな、きれいだなと、思ういろいろな事を
表現しているつもりです。
そんな私の世界に、少しでも共感していただけたら嬉しいです。




スポンサーサイト
  1. :展覧会の記録
  2. :このページのトップへ