KATAGAMI style


P5280803.jpg

P5280801.jpg


5月の良いお天気の日、
三菱一号美術館でやっていたKATAGAMI styleという展覧会を見てきました。

日本の型染めに使われた(小紋や中形、紅型)型紙が海外に流出し
アーツ アンド クラフツ運動やアール ヌーヴォーなどに
反映されているという展示なのですが、
まず、そんなに型紙が海外に行ったのか!という驚きと
アール ヌーヴォーなどは、てっきり向こう発のものだと
思っていたのに、日本の染めのデザインが参考になっていたのかという
驚きで、どうも何かへんなかんじ・・・

向こうの人は型紙をどう使うかなんかは、わからずに
(縦横が逆になっているものがいくつもありました)表現されたデザインに
注目したみたいです。
日本の染色の意匠が影響を与えたものが
アーツ アンド クラフツや、アール ヌーヴォーだったとは
初めて知りました。
本当は、こっちが先だったんですね。
それだけ、日本の型染めのデザインが
斬新で、しゃれていたんだな・・・と再確認させられました。

型染めのデザインが魅力的なのは
色々な制限のある型染めという技法から来るものだと思います。
そういう勉強を大学でしてきたことを
忘れずに、今後の制作に、
さらに生かしていきたいです。






スポンサーサイト
  1. :おでかけ
  2. :このページのトップへ