スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

みはに工房×loosen up 

明日から、みはに工房展-どんどんしげる草でいっぱい- 後半、始まります。

今日は、今回の目玉、loosen upさんとのコラボ服をご紹介。
  
 夏の空き地ワンピ表
まずは、新柄「夏の空き地」のワンピースです。

 夏の空き地ワンピ裏
背中側は、こんなかんじ。
このワンピースは、布巾をぐるっとして背中ではいで、筒にしてできているので、
布を無駄なく使ってできています。
背中の真ん中ではいでいるので、背中がこんな具合になりました。
服になったところは、私も、搬入の時まで全貌は知らずにいたので、
この背中のかんじには驚きました。
でも、これが、なかなか気に入っています。

  夏の空き地ワンピ試着表

  夏の空き地ワンピ試着裏
着てみると、こんなかんじです。
服になることを想定してデザインした柄ではないのに、
服になってみると、この服のためにデザインしたのかと思うほど、しっくりきました。
そこは、loosen upさんの腕だと思います。
ちょうど、裾から夏の空き地の雑草が、どんどんしげって、それをそのまま
身にまとうかんじが、楽しいです。

  夏の空き地ワンピポケット
ポケットもついていて、「夏の空き地」の場合は
loosen upさんのアイディアでパッチポケットになってます。
このパッチポケットのために、下の柄と合うように、
また別でポケットの部分だけ染めています。


  夏の空き地巻きタックスカート
こちらは、「夏の空き地」のゆるふわ巻きスカート。
ワンピースとは、また違う布に染めています。
スカートのほうは、ワンピースと違って、ふわっとかわいいかんじの仕上がりです。
巻き方も、loosen upさんの工夫で、とても巻きやすくできているので、
ぜひぜひ、みなさん、お試しください。

ワイルドなかんじの、ワンピースと、かわいいかんじの巻きスカート。
どちらも、みはにの染布の魅力を最大限に生かしていただきました。
同じ柄でも、これだけ雰囲気が変わります。
ワンピースのほうは、厚手の麻地に染めているので、1枚で着ても安心して着れると好評です。
色が、画面で見ると少し派手に見えますが、来てみるとそんなことなく、着こなしていただけます。
形もシンプルですが、年齢問わずどなたにも似合う形です。
巻きスカートのほうは、ワンピースより布がやわらかく
タックがたたんであるので、ふわっとやさしく着ていただけます。

とにかく、身にまとっていただかないと、この良さは、なかなか伝わらないと思うので、
みなさん、ぜひぜひ、お試しにいらして下さい。


もうひとつのワンピースもご紹介。
森の中ワンピ表
こちらは、「森の中」のワンピース。
形は、「夏の空き地」のワンピースとだいたい同じですが、
こちらは、脇ではいであるので、そこを利用してポケットがついています。
それと、肩の形が少し違います。

  森の中ワンピ裏
「森の中」の背中はこんなかんじです。
背中にオオカミを2頭連れています。
「森の中」には、オオカミの他にはフクロウも登場しています。
この写真じゃわかりませんが、それに合わせて、首の後ろのボタンがフクロウになっています。
これも、loosen upさんのアイディアです。かわいいんですよ。
「夏の空き地」のほうは、葉っぱの形のボタンがついています。

それから、「ハルノアシモト」の巻きスカート。
  ハルノアシモト巻きスカート
こちらは、同じ巻きスカートですが、「夏の空き地」の巻きスカートより、シャープなかんじです。
白い麻地に染まっている雰囲気に合わせて、タックはとらずに、少しフレアなかんじにしあがっています。
「夏の空き地」の巻きスカートより、かっこいい仕上がりです。


それぞれの、布と柄の雰囲気に合わせて、loosen upさんが考えてくれた、会場限定のコラボ服。
ぜひ、みなさん、体感しにいらして下さい。













スポンサーサイト
  1. :展覧会の記録
  2. :このページのトップへ
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。