夏の手ぬぐい旅物語 2014 追加納品

大阪で開催中の「夏の手ぬぐい旅物語 2014」 への追加納品のお知らせです。
このイベントは7・8月の土日のみの開催ということですが
今週は土日と海の日の月曜日まで3日間オープンするそうです。

ということで、追加納品した新柄のてぬぐいを改めてご紹介します。

まずは「こぴす」という柄。
「こぴす」とは雑木林の意味です。
雑木林を、具象と幾何の中間のようなかんじで表現しています。
木々の間に現れる鳥や虫もポイントです。
  こぴす

次は「花と虫のワルツ」。
これは、浴衣地用にデザインした柄で、1色でも充実するようにと思いながらデザインしました。
さわやかな、若草色と水色の2色があります。
  ワルツ

次は「花づなにかこまれて」。
これも、浴衣地用に考えたデザインです。
1つが植物と虫だったので、もうひとつは動物と植物にしました。
動物の種類から連想される植物で、その動物のまわりを囲んでいます。
色は、デザインの内容がかわいいので、それに合わせて、素直にかわいいピンクと
逆におとなしめのグレーにしました。
  花づな

上の3種類の新柄を中心に納品します。
下の写真の上の段に見えている「なかま」というデザインは、
黄、緑、茶、紺の4色が新たに染まったので、追加納品します。
  全

みはにのてぬぐいは、あまりてぬぐいらしいデザインではないかもしれませんが、
それは、みはにの本来の仕事が、広幅の大きな布に
布(染色作品)として、いい柄を考えて染めることだからです。
その延長で、小幅のてぬぐいも染めているので、
てぬぐいらしくないかもしれませんが、みはにの良さ、個性として
楽しんでいただけたら嬉しいです。

このイベントは、8月中の土日も続きます。
よろしくお願いいたします。


★デザインの著作権は、みはに工房 岸本かやに帰属しています。
商用目的での素材として布を使用することや、転売に当たるような事は禁止されています。





スポンサーサイト
  1. :お知らせ
  2. :このページのトップへ