芹沢けい介美術館

今日は予定通り、白布を買いに静岡の浜松にある白布の、問屋さんに車で行ってきました。

でも、問屋さんに行く前に同じ静岡にある芹沢けい介美術館に寄りました。

   IMGP2905.jpg    IMGP2907.jpg

今回は芹沢けい介が選んだ木工というテーマで、
色んな国の古い民具が集めて展示してありました。

   IMGP2932.jpg   IMGP2933.jpg   IMGP2934.jpg   IMGP2935.jpg

   IMGP2929.jpg

こんなかんじで、椅子や、お面、動物や人の人形?おもちゃ?のようなものなど。
他にも、穀物用の匙や、木の枕や、素敵な模様の木の箱など、
色々な、素朴で魅力的なものが、展示してありました。

最後の写真は、芹沢けい介コレクションの図録です。


もちろん、芹沢けい介の作品も色々展示してあり、特に型染うちわを集めて
展示してありました。

展覧会をみた後は、そばにある登呂遺跡の竪穴式住居に入ってみたり、
近くのベンチで、おにぎりを食べました。

周りは、こんなかんじ。
IMGP2908.jpg   IMGP2909.jpg  IMGP2910.jpg   IMGP2911.jpg

ちょっとした川と田んぼとあって、小さいカエルが、
いっぱいピョンピョン跳んでいました。
小さすぎて、うまく写真は撮れなかったけど、
緑色のが、1匹だけいて、ちょっと捕まえてみたり・・・
他は、みんな茶色なのに、1匹だけ特別でした。

それから、また車で浜松まで移動して、問屋さんに行きました。

この、問屋さんには大学の時の学校で行って以来、お世話になっているところです。

ワークショップで使う用の、手ぬぐい地や、ストール用の布など、
他にも新作に使えそうなものなど、掘り出し物を色々探して
たくさん買っちゃいました。

あんなに、たくさんの白布を見ていると
この布には、こんなかんじで染めたいな。とか、
色々アイディアがうかんで、わくわくします。

布選びが楽しいのはいいのですが、
布をどかして運んで、気になる布を出すという作業をしていると、
ホコリがたってアレルギーで大変なことになるんです・・・
ずっと、くしゃみで、今もまだ続いてます…最悪・・・
集中できない・・・

ここに来る時は、マスクを持って行こうと思って、いつも忘れるんです。
そんなもんです・・・・

くしゃみと戦いながら、無事に色んな布をえらび終えました。

最後に地元の農家でとれた新鮮な野菜を買って帰りました。

   IMGP2936.jpg

枝豆は帰ってすぐに茹でて早速食べてみました。
おいしかった~
どれも安くて、東京と違って新鮮でおいしそう!
明日は、このトマトとバジルでパスタでも作ってみようかな?





  
  




スポンサーサイト
  1. :おでかけ
  2. :このページのトップへ