くらし彩る春のおとずれ アイテム紹介

新宿伊勢丹での「くらし彩る春のおとずれ」も今日で3日目です。
ここで改めてアイテム紹介を。

まずはスツール。
伊勢丹での出展では毎回出しているこの「みはに染布×古スツール」。
古道具屋さんに見つけてきてもらったスツールを
みはに染布で、張替え職人さんに張替えてもらって作りました。
  スツール

  スツール足反対家から
今回は、「どくだみ」1脚と「ツラナルハナ」2脚です。
「ツラナルハナ」をスツールにしたのは今回が初めてになります。
思った通り、かわいい仕上がりになりました。
古スツールとの組み合わせなど、全く同じものは2度とできないので
気になる方は、この機会をお見逃しなく。

続いて「インテリアクロス」。
  インクロアップ2

  インクロ斜め
写真は、インテリアクロス畳んで山にしたところ。
山にしたところ横から見た布の層の様子が面白いなぁと。

インテリアクロスには
テーブルクロス、タペストリー、スクリーンの3種類と、
ただのインテリアクロスの全部で4種類あります。
この種類の違いは、染まっている布の種類や、布の周囲の縫われ方の違いなどがあります。
基本的には広い平らな布の状態のものになります。
スクリーン3枚「花づなにかこまれて」「森の中」「ツラナルハナ」天井から吊しているので
広い状態でご覧になれます。
それ以外のほとんどはラックかかっているので、ぜひ広げてご覧ください。

続いて「スクエアクロス」。
「スクエアクロス」は約90×90㎝の正方形です。
小さめのテーブルクロスとしてや、ふろしきや、ふろしきバッグとしてもお使いいただけます。
  スククロハルアシ
柄としては、春のおとずれなので「ハルノアシモト」。

  スククロ雨森
今一番新しい柄「雨の森」。

  スククロ夏空き地
春を通り越して「夏の空き地」。

  スククロ花づな
春らしいピンク色の「花づなにかこまれて」。
これは色違いでグレーと、あずき色があります。

  スククロ森の中
インテリアクロスやストールにも登場している「森の中」。
これは特に季節関係なく、大きめの柄で森の中で生きる動物たちの様子です。

  スククロこぴす
次は「こぴす」。
「こぴす」とは英語で雑木林の意味です。
いろんな形、いろんなもようの木々がぎゅうぎゅうに生えているところ。
木の上には、鳥や虫たちがいるだろうなという想像で、よく見ると鳥や虫もいます。
色違いで水色系とピンク系があります。

  スククロなかま
最後は「まかな」という柄。
これも今回はたまたま、春らしいピンク色です。
私の好きな動物たちをぎゅっと集めた、みんななかまだよ。っていう柄です。

代表的な柄を紹介しましたが、紹介しきれない柄が、他にもたくさんありますので、
ぜひ足を運んでいただけるとうれしいです。

とりあえず今日は、ここまで。
「くらし彩る春のおとずれ」は13日までです。



★デザインの著作権は、みはに工房 岸本かやに帰属しています。
商用目的での素材として布を使用することや、転売に当たるような事は禁止されています。








スポンサーサイト
  1. :展覧会の記録
  2. :このページのトップへ