ダイオウグソクムシ

大洗水族館に、わざわざ泊まりで行った理由。
それは、ダイオウグソクムシに触りたい!
というわけで、触ってきました。

ダイオウグソクムシといえば、
鳥羽水族館の何年も絶食していた個体が話題になりましたが、
私は、そのちょっと前から、ある本で見て
なんとなく知っていました。
知った時は、ダンゴムシの仲間だけど、海にいて30㎝以上にもなるのか?
すごいなーダンゴムシが、そこまで大きいと、どんなだろう?
くらいにしか思っていなかったのですが、
その後、鳥羽水族館をきっかけに、世の中的にもなんだか話題となり、
あれ?あれ?と思っていたら、あっという間に
本物のダイオウグソクムシを触れる機会に恵まれました!


  

  
予想以上に大きかった!
後ろに、ひょろっと見えている赤っぽいのは、
比較のために泳がせてあった、ダイオウグソクムシと同じような形の
別の種類の生物です。
ダイオウグソクムシのこどもかな?と思いましたが、違うようです。
種類によって、小さいものから、
ダイオウグソクムシほど大きいものまでいるんだな。と思いました。
とは言いつつ、ダイオウグソクムシは、どれくらいの大きさで産まれてきて
何年かけて、こんなに大きくなるんでしょうね?
なんとなく、寿命は長そうな気がしますが。
質問すればよかった。

  
この日は、大洗水族館のダイオウグソクムシの中でも
一番大きな個体が、たまたま順番だったそうです。

  
しっぽのギザギザもかっこいー。

  
触ってるところ。
深海に暮らしているので、水はとても冷たかったです。
確か4℃って言っていたような…
触ったかんじは、案外、柔らかかったです。
鎧のような見た目なので、カツンカツンに硬いのかな?と
思っていましたが、やっぱり生きてるんだなって思えるくらいの
柔らかさがありました。

  
前から見ると、こんな顔。
顔も鎧をかぶっているようで、かっこいー。

  
そして、ひっくり返すと、こんな。
しっかり太い、たくさんの足。足も、こっそり触ってみました。
足の硬さのほうが、最初に想像していたのに近かったです。

  
吸い込まれそうな口をしていました。
この口で、深海に沈む死骸の骨までかみ砕くそうです。
そんな話を聞きながら、でも、その口の前に手を差し出してみたい。
と、ちょっと思ってしまいました(笑)

野生では、きっと深海で静かに暮らしてるのに、
こんなに、ひっくり返されたり触られたりして、
ダイオウグソクムシからしたら、大迷惑だったでしょう。
でも、私にとっては、とても良い経験になりました。
「ダイオウグソクムシくん、ありがとー!
また会いにくるね。そして、この経験は、何かに生かせるように
頑張るよ!」と伝えたいです。





スポンサーサイト
  1. :おでかけ
  2. :このページのトップへ