大洗水族館 へんな顔シリーズ

大洗水族館で出会った、へんな顔してるなーって思う
みなさんを紹介します。

  
これは多分「ウマズラハギ」。

  
これは多分、おでこが気になる、「コブダイ」?じゃないかも…
おでこ、触ってみたいな… 柔らかいのかな?

  
そして、「マンボウ」。

  
「マンボウ」って、正面から見ると、
「大丈夫?」って聞きたくなるほどへんな顔してます。
そして、案外、厚みがあります。

  
ひとつの水槽に、こんなに、たくさんの
「マンボウ」がいるところは初めて見ました。

「マンボウ」は野生ではクラゲなどを食べるそうで、
水族館では、クラゲに似せたゼリー状のエサを与えているそうです。
水族館の裏側見学にも参加したのですが、
その時に、ちょうどたまたま、「マンボウ」のエサやりを
見ることができました。
動く台に乗った飼育係の方が、
1匹ずつの口の直接入れてあげていました。
食べられない個体が出ないようにするためだそうです。

  
そして、最後は名前がわからなのですが、
銀色にピカピカ光って、薄っぺらすぎる、この魚!

  
正面から見ると、こんな!
なんなの、この薄さ。
ひらっと、へんなのー、びっくり。




スポンサーサイト
  1. :おでかけ
  2. :このページのトップへ