スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

第90回 国展

六本木の国立新美術館での、
第90回国展も今日で無事終了しました。

  16 国展入り口

私(かや)は、6回目入選にして、初めて、
奨励賞というものをいただきました。
色々と複雑な気持ちですが、大きくいえば
めげずに染めを続けてきてよかったな。という気持ちです。

  賞状
↑工芸部は、授賞式の時に受け取る賞状以外に、
こんな立派な賞状もいただきます。
染色家の小島貞二さんが、1枚1枚染めているそうです。
ちなみにデザインは柚木先生だそうです。


今回のデザインは、去年の「草Ⅱ」の進化形。
タイトルは「草編み」。
草が、ぐるぐるしているイメージでデザインしました。
その様子が、草が編んであるみたいだなと思って
「草編み」というタイトルにしました。
  16 国展 アップ

サイズは巾約1m×長約4mです。
工房のスクリーン台に貼ってある時は、そんなに長く感じませんが、
こういう、天井の高いところに飾ると、とてつもなく長く感じます。
目線が高くなるからかな?
サイズもそうですが、作品の目の前に立ってみると
伝わるんじゃないかな?と思いますが、
こういう染布(染色作品)には、素材としての布にはない
迫力があると思います。
だから、「なんとなく、そこにあるだけの布」ではなく
そういう迫力のような、ただ、そこにあるだけなのに存在感のある染布を、
これからも、作っていきたいです。
  16 国展全

今年は、知り合いの方々にも、見ていただいて
みなさんから感想を言ってもらえて嬉しい限りです。
みなさん、口をそろえて
「見て、すぐ、わかったよ」とか「遠くからでも、わかったよ」と
言っていました。
「存在感のある布だった」と言ってもらえたのかな?と
嬉しく思います。
それだけ、何かが滲み出ていたんでしょね。

奨励賞をいただいたからといって、何かが変わるわけでもなく、
来年も、いつも通りにやりたいと思います。
来年は、どうしようかな。



スポンサーサイト
  1. :おでかけ
  2. :このページのトップへ
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。