スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

押井守と映像の魔術師たち

IMGP3226.jpg

攻殻機動隊やイノセンスで有名な押井守監督の
「押井守と映像の魔術師たち」という展覧会を
八王子夢美術館に見に行ってきました。

一緒に行ったのは、いつもと同じ、みはにパソコン担当の
友達です。
彼女とは高2の時から仲良くなって、よく押井守監督の話とかを
していました。

押井守監督の映画が公開されると、どんなに時間がなくても
ふたりで頑張って見に行くほど、ふたりして、
なぜか押井守監督が好きなんです。
その流れで、今回もふたりで見に行ってきました。

今回の展示はアニメーションの設定資料とか
絵コンテなどより、資料としての立体物が多く展示してありました。
監督自身が造形を中心に展示したい。と展示の方向性を決めたそうです。
なので、アニメーション監督の展覧会としては、
ちょっと変わった展示のように感じました。

監督の作品は、いつも難しいから
何回見ても100%は理解できないけど、
その理解できないかんじとか、
なんとなく世界観とか、考え方とかが好きだったり
気になったり・・・


スポンサーサイト
  1. :おでかけ
  2. :このページのトップへ
               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。