スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

くらし彩る春のおとずれ アイテム紹介2

今日は、てぬぐいの柄を少しご紹介します。
  てぬ山

まずは干支てぬぐい。
  干支てぬ
うさぎ年から作っていますが、辰年の「ドラゴンてぬぐい」は廃版になってしまい
「ドラゴン」だけ抜けてしまっていますが、それ以外はございます。

  てぬうま
「うまてぬぐい」を広げたところは、こんなかんじ。
この色以外にも色違いもあります。

  ひつじてぬぐい 広げたところ
一番新しい今年の干支「ひつじてぬぐいの」は、こんなかんじ。
夜バージョンと昼バージョンで色違いを作りました。
この色違いの決定色を決めるまでにいろいろ色の試しのために
何度も試染したのですが、店頭に並んでいる中には
その試染で染まった決定色とは少し違う試しの色のものも混ざっているかも知れませんが、
そこも楽しんで見ていただけたらうれしいです。
少し色が違うと、こんなふうに雰囲気が変わるんだな…とか。

  てぬ夏野菜

  てぬ夏野菜広
次は「夏野菜」。広げるとこんなかんじ。
「夏野菜」も、もう廃版になってしまっている柄です。
残っている在庫を出しているかんじなので、いつまで出せるかわかりません。
なので、気になる方は、お見逃しなく。
これも、ちょっとずつ違う色違いがあります。

  てぬ虫なかま
次は「虫」と「なかま」。
「虫」もいろんな色違いがありますが、
廃版になってしまっているので、残っているものを出しています。

  てぬなかま
「なかま」の広げたところ。
「なかま」はスクエアクロスにもなっていますが、てぬぐいにもなっています。

  てぬワルツ花づな
次は、結構新しい柄の
「花と虫のワルツ」と「花づなにかこまれて」。

  てぬワルツ広
「花と虫のワルツ広げたところ。
春夏っぽい花と、私の好きな虫たちが、くるくるしています。

  てぬ花づな広
「花づなにかこまれて」の広げたところ。
その動物に関連した植物にかこまれた動物たちの柄です。
これは、グレー、ピンク、あずき色の3色の色違いですが、
グレーとピンクが先になくなることが多いです。

  てぬこぴす
次は「こぴす」。

  てぬこぴす広
これも、スクエアクロスや、インテリアクロス、ランチクロスにもなっていますが、
てぬぐいにもなっています。

  てぬツラハナ花とはっぱ
最後は春らしい花柄です。
「ツラナルハナ」と「花とはっぱ」。

  てぬツラハナ広
「ツラナルハナ」も結構新しい柄で、インテリアクロス、スクエアクロス、ランチクロス、
ストール、スツールにもなっていますが、てぬぐいにもなっています。
この柄は、アイテムによって布が変わると、だいたい同じ色でも、
だいぶ雰囲気が変わるので、それぞれ確かめてみてください。



★デザインの著作権は、みはに工房 岸本かやに帰属しています。
商用目的での素材として布を使用することや、転売に当たるような事は禁止されています。





  1. :展覧会の記録
  2. :このページのトップへ

くらし彩る春のおとずれ アイテム紹介

新宿伊勢丹での「くらし彩る春のおとずれ」も今日で3日目です。
ここで改めてアイテム紹介を。

まずはスツール。
伊勢丹での出展では毎回出しているこの「みはに染布×古スツール」。
古道具屋さんに見つけてきてもらったスツールを
みはに染布で、張替え職人さんに張替えてもらって作りました。
  スツール

  スツール足反対家から
今回は、「どくだみ」1脚と「ツラナルハナ」2脚です。
「ツラナルハナ」をスツールにしたのは今回が初めてになります。
思った通り、かわいい仕上がりになりました。
古スツールとの組み合わせなど、全く同じものは2度とできないので
気になる方は、この機会をお見逃しなく。

続いて「インテリアクロス」。
  インクロアップ2

  インクロ斜め
写真は、インテリアクロス畳んで山にしたところ。
山にしたところ横から見た布の層の様子が面白いなぁと。

インテリアクロスには
テーブルクロス、タペストリー、スクリーンの3種類と、
ただのインテリアクロスの全部で4種類あります。
この種類の違いは、染まっている布の種類や、布の周囲の縫われ方の違いなどがあります。
基本的には広い平らな布の状態のものになります。
スクリーン3枚「花づなにかこまれて」「森の中」「ツラナルハナ」天井から吊しているので
広い状態でご覧になれます。
それ以外のほとんどはラックかかっているので、ぜひ広げてご覧ください。

続いて「スクエアクロス」。
「スクエアクロス」は約90×90㎝の正方形です。
小さめのテーブルクロスとしてや、ふろしきや、ふろしきバッグとしてもお使いいただけます。
  スククロハルアシ
柄としては、春のおとずれなので「ハルノアシモト」。

  スククロ雨森
今一番新しい柄「雨の森」。

  スククロ夏空き地
春を通り越して「夏の空き地」。

  スククロ花づな
春らしいピンク色の「花づなにかこまれて」。
これは色違いでグレーと、あずき色があります。

  スククロ森の中
インテリアクロスやストールにも登場している「森の中」。
これは特に季節関係なく、大きめの柄で森の中で生きる動物たちの様子です。

  スククロこぴす
次は「こぴす」。
「こぴす」とは英語で雑木林の意味です。
いろんな形、いろんなもようの木々がぎゅうぎゅうに生えているところ。
木の上には、鳥や虫たちがいるだろうなという想像で、よく見ると鳥や虫もいます。
色違いで水色系とピンク系があります。

  スククロなかま
最後は「まかな」という柄。
これも今回はたまたま、春らしいピンク色です。
私の好きな動物たちをぎゅっと集めた、みんななかまだよ。っていう柄です。

代表的な柄を紹介しましたが、紹介しきれない柄が、他にもたくさんありますので、
ぜひ足を運んでいただけるとうれしいです。

とりあえず今日は、ここまで。
「くらし彩る春のおとずれ」は13日までです。



★デザインの著作権は、みはに工房 岸本かやに帰属しています。
商用目的での素材として布を使用することや、転売に当たるような事は禁止されています。








  1. :展覧会の記録
  2. :このページのトップへ

みはに工房展 みはにのそめふ を終えて

ブログの更新が遅くなりましたが、
今月6/7~/15まで国立 黄色い鳥器店さんで開催しました「みはに工房展 みはにのそめふ」が無事終了しました。

  雨の森

梅雨の雨の多い中、たくさんの方々にお越しいただきありがとうございました。
黄色い鳥さんでの個展は久しぶりだったのですが、
今回の挑戦だった浴衣地用に新しく考えた新柄2つや、その他の新柄も数多くお見せできて
とても満足する展示になりました。
新柄を、初めて出す時はいつもドキドキなのですが、
今回は、どの柄もとても好評で嬉しかったです。
特に上の写真の新柄「雨の森」は、ほめてくださる方が多く本当に嬉しい限りです。
どの柄にも、このデザインの中では、こんなことが表現したいなという私なりの思いがあるので、
お客さまの感想を直に聞かせていただいたり、
ツイッターやFBで、感想を聞かせていただいたりして、
なんとなく、作品を通して、私の思いが伝わったような気がして嬉しいし、
こんなにたくさんの方に見ていただける機会がいただけて幸せだなと思います。

 
それから、黄色い鳥さんでは、みはに以外の陶の作家さんの作品や、
古道具の家具などと合わせたディスプレイで、みはにの染布の使用例のようなかんじで
展示できるのも嬉しいところです。
  テーブルランナーこぴすディスプレイ
新柄「こぴす」(テーブルランナー)

  テーブルランナーぞう
新柄「花づなにかこまれて」(テーブルランナー)
テーブルランナーを、こんなふうに壁にかけてみても。
右端には「こぴす」のスクエアクロス(90×90cm)で作ったふろしきバッグもありました。
スクエアクロスは、こんなふうに、ふろしきバッグにしても、お使いいただけます。
私は、スクエアクロスの1/4サイズのランチクロスを、ふろしきバッグの形にして使っています。
夏になると上着を着なくなるから、ポケットがなくなって不便なので、
ランチクロスで作った小さいふろしきバッグを外ポケット代わりに使っています。とても便利です。

  風音
新柄「風音」(スクエアクロス)と「ツラナルハナ」(テーブルランナー)
「風音」も結構人気で嬉しかったです。

  ストール
ストールいろいろ。
  
今回挑戦だった浴衣地。
  ゆかた

  ゆかた地アップ

試着もしていただきました。
誰かが着てみたところが見られてよかったです。
  試着
そのうち、自分用にも、ちゃんと仕立ててみようかな・・・

浴衣地のほうは引き続き黄色い鳥さんのほうで受注承っています。
なかなか他にはない、色と柄の浴衣地になっているので
ぜひ、一人でも多くの方に合わせてみていただけたらと思います。

浴衣地以外の
てぬぐい
スクエアクロス
ランチクロス
テーブルランナー
ストール
インテリアクロスなど、少しずつ残しているので、
気になる方は、ぜひご覧になってください。


  1. :展覧会の記録
  2. :このページのトップへ

みはに工房展 みはにのそめふ アイテム紹介

  下から

前回は、今回挑戦だった浴衣地が染め上がるまでをご紹介しましたが、
今日は、浴衣地以外のアイテムを少しご紹介します。


  てぬぐい縦
まずは、いつもの、てぬぐい。

てぬぐいの中でも、今回の新柄「花と虫のワルツ」と「花づなにかこまれて」が登場しています。
  てぬぐい「ワルツ」
「花と虫のワルツ」は、左から若草色と浅縹とピンクの3色があります。

  てぬぐい「花づな」
「花づなにかこまれて」は、左からグレーとピンクと小豆色の3色があります。

  てぬぐい「こぴす」
3柄目の「こぴす」のてぬぐいは、前回の展示の時からありますが、
水色×黄色の組み合わせは今回初めて染めてみました。
今まで染めていた赤系×緑系は色が重なって茶系の色になりますが、
今回初めて染めてみた水色×黄色は、重なった色が黄緑になってさわやかな仕上がりになりました。

続いてはストール。
  ストール
今回はリネンガーゼという布が中心です。もちろん綿のものもあります。
リネンガーゼの中でも、生成り色のものと真っ白のものがあって、
それぞれの柄に合った布の色を選んでいます。
上の写真には出ていませんが、白いリネンガーゼに「アザミ」もかっこいいと思いますし、
白いリネンガーゼに水色系×黄色のさわやか「こぴす」も、これからの季節にぴったりだと思います。
これからだんだん、道端でアザミも咲き始める季節にですしね。

続いてはテーブルランナー。
  テーブルランナーぞう
写真は、テーブルランナーだけど、壁にぱーっとかけてみたところ。
こんなふうに、ちょっとした壁にかけても、テーブルランナーとしてテーブルの真ん中に置いても。

サイズは、120㎝×それぞれの柄に合わせた長さ になっています。

最後は、インテリアクロス。
  インテリアクロス
インテリアクロスは、みはにのアイテムの中で一番大きいサイズで
それぞれの柄を楽しむことができます。
みはにの染布は、なるべく広い面積で楽しんでいただくのが一番なので、
このインテリアクロスで、みなさんに、みはにの染布の良さが伝わったら嬉しいです。


なんだか雨ばかり続きますが、ぜひ、みなさん、みはにの染布をご覧になりにいらしてください。


  1. :展覧会の記録
  2. :このページのトップへ

第88回 国展 

今月1日から、六本木の国立新美術館で始まっている、第88回 国展。

  アロエ全

大学卒業してから毎年応募している、この公募展ですが、
今年も、無事に展示していただけました。

個展があり、その個展での注文の布を染めながら、
次の個展に向けての新柄の事を考えながらの、
この国展用の本番を染めるというハードさだったので、
無事、国展会期が始まってほっとしています。


  アロエ中
今回の、このデザインのタイトルは、そのまま「アロエ」です。
サイズ巾約100×長約400cm

このデザインは、学生の頃、別の染めの技法で1度染めていたデザインなのですが、
シルクスクリーンでもやってみようと思って、
シルクスクリーン用にデザインし直してみました。

初めてデザインした当時、道を歩いていて、アロエがうっそうと茂っているお家を見つけて、
その様子に惹かれてデザインしました。
それ以来、アロエがしげっているところを見つけると、つい足を止めてしまいます(笑)


今年も、染布を作品として講評していただく機会に恵まれて良かったです。
来年は、どんな作品を染めようかなー?と、今からわくわくしながら、
でも、この忙しさの中、間に合うのか?と、ちょっと不安にも思いつつ、今年1年頑張りまーす!



  1. :展覧会の記録
  2. :このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。